国境警備ゲーム『Contraband Police』にあのVTuberも挑戦!?国境を出入りする車をチェックして、密輸品や密航者を摘発せよ!!

(『Contraband Police』Steam)

 ポーランドのインディーディベロッパーであるCrazy Rocksが開発した国境警備ゲーム『Contraband Police』が2023年3月8日にSteamにてリリース。フルボイス実装の本格派シミュレーションゲームで、日本語を含む多言語にも対応しており、リリース以降多くのVTuberがプレイしています。

ゲーム情報

タイトルContraband Police
ジャンルシミュレーション
開発元Crazy Rocks
発売日2023年3月8日
HPSteam

密輸品や密航者を“取り締まれ”

 本作は、80年代の架空の共産主義国家『アカーリスト人民共和国』を舞台に、プレイヤーが国境警備の検査官の職務を引き継ぐところからスタートします。

 ここでは密輸、汚職、偽造は日常茶飯事。プレイヤーは、入国希望者が持参するパスポートや貨物リスト、車両登録証などの書類をチェックし、密輸品や密航者を摘発していきます。

(『Contraband Police』Steam)

 時には荷台や座席、タイヤの中に隠されているものを探り当てたりすることも。ほかにも、囚人の移動や物資の買い出し、敵対勢力による襲撃への対応など、仕事の内容は多岐にわたります。

(『Contraband Police』Steam)

“やりたい放題”な検査官

 『Papers,Please』の配信で人気を博した、“赤いゲーム”が大好きなにじさんじ剣持刀也さんが今回は国境警備に挑戦。挨拶代わりにボンネットを開けたり、車で暴走したり、いきなりドツいたりと“やりたい放題”。プレイ中は常にしゃべり続けるノンストップ配信爆笑必至!!

“笑いの神”に愛された検査官

 同じくにじさんじアルス・アルマルさんも国境警備に挑戦。本人は至って真面目に仕事をこなそうとするも、車のドアを開けてはすぐに閉められ、検問突破のトラックには轢かれ、逃走車を追いかけたら車が爆発炎上したりと、“笑いの神”に愛されたプレイっぷりは必見!!

 にじさんじのライバー以外にも、ホロライブ兎田ぺこらさんや獅白ぼたんさん、ななしいんく周防パトラさんなどもプレイしていますので、ぜひチェックしてみてください。

 なお、このゲームをプレイしたライバーは下記に掲載しています。

ゲームをプレイしたVTuber

関連記事

ページ上部へ戻る